2015年06月24日

芸術に欠かせないものとは?

ロシアと緊張状態にあるウクライナでコンサートを行うプレトニョフのインタビューが、ネット上で公開されています。その中には実に興味深い話が次々と出てきますが、特に心に響いたことは、芸術に欠かせない三つの要素でした。

@勇気 
A奥深さ 
Bフォーム

新しい試みをするには勇気が要ります。このとき、新しい試みは中身の空っぽな単なる奇天烈なものを狙ったものでは困ります。そして、そういったものを芸術として成り立たせるにはフォームが大切。

目下、チャイコフスキー国際コンクールが配信されていますが、今回、全く新しい解釈を呈示している人がいます。彼の演奏は、そのまま映像を浮かび上がらせ、彼の演奏における構築性は文学から発しているのではないかと思わせます。私は彼の演奏に魅了され、毎朝、起きぬけに彼の演奏を聴いていますが、これこそまさにこの三つが揃った結果でしょう。
さて、どのようなコンチェルトを聴かせてくれるのか?今日も楽しみにしています。
posted by 英代&フレンズ at 20:32| 日記