2016年08月11日

ドイツ、シュレスヴィヒ=ホルシュタイン州のブラッヒェで講習会

7月31日から8月8日まで、ドイツ、シュレスヴィヒ=ホルシュタイン州のブラッヒェで開かれた講習会に講師として招かれ、連日レッスンに明け暮れてきました。
日課は結構ハードなもので、午前中は9−13時がレッスン。昼食を挟んで14−16時がコンサートのリハーサル立ち会い。16−19時レッスン。19時からコンサート。21時夕食。22時からホールリハーサル立ち会いかレッスン。やっと就寝できるのは12時のこと。
コンサートは週の前半が講師陣によるもので、最後の3日間が選ばれた受講生によるものです。私も8月2日にリサイタルを行ってきましたが、講師陣もコンサートを行いますから、緊張感が漲り、この上なく充実した日々。ですが、土曜日の午前中だけお休みの日で、皆で一緒になって土曜市に出かけ、羽を伸ばしてきました。

レッスンは参加者のモチベーションがいおかげで実に活気にあふれています。質問もドンドン飛出し、和気藹々とした雰囲気の中で、受講生が助け合いながら一丸となって学ぶ8日間。私も多くの刺激を受けて帰ってきました。
曲によって違う響きを出すにはどうすれば良いのか?これには多くの問題がつきまとっています。
指、手、肘、肩の使いかたのみならず身体全体の使いかたが大切になってきますが、しかし、何と言ってもまず大切なのは、どういう音を出したいかをいかに強烈に想像すること。最終的にはこれに全てがかかっているといってもいいでしょう。それは頭による理解を遥かに凌駕した領域のものであり、生徒たちには言葉での説明のみならず音で示すのが一番の近道。結局一日中弾き続けた講習会でした。
私のレッスン風景が写真入りで新聞にも掲載されています。
http://www.kn-online.de/News/Nachrichten-aus-Ploen/Musik-aus-aller-Welt-in-Wahlstorf-Meisterkurse-in-Wielen

最終日の最後の1時間は質疑応答。作品に応じた響きの学び方について質問が多く飛び出しました。
Brache 2016.jpg

歴史的建物で行われた受講生コンサートの始まる前、まるで家族同然のようになった生徒たちと撮った写真です。
Brache 2016 Ploen.jpg

来年の再会を約束して別れた寒い夏の講習会でした。
posted by 英代&フレンズ at 08:46| 日記