2017年01月01日

戦争のない世界を願って

穏やかな元旦を迎えました。
昨年暮れの様々な事件が嘘のような静けさです。

昨年12月25日の航空機墜落事故でロシア軍合唱団団員の訃報が報じられました。
同合唱団の芸術監督でいらしたヴァレリー・ハリロフさんも同乗していらして、帰らぬ人となってしまわれました。
2009年メルジャーノフ教授90歳の祝賀コンサートで、私は彼とグリーグのピアノ協奏曲をモスクワ音楽院大ホールで共演致しました。「ヒデヨ、Gereralと一緒に弾くんだよ!」とメルジャーノフ先生が目を丸くして仰ったのを思い出します。。厳格でありながらも中将とは思えない人懐っこいところがおありで、ロシア語が解らないでいるとドイツ語で話して下さったりしたものです。2014年メルジャーノフ教授95歳の祝賀コンサートでも指揮をなさったそうですが、その謙虚な姿勢には多くの人が驚かされたと聞いています。
颯爽とした凛々しい、ほんとうに素敵な方でした。しかし、まさかこんな事件に巻き込まれて命を奪われるとは... 無念です...

この緊張感の高まっているときに、何故シリアに行かなければならなかったのか... 命を受けたとすれば行くしかなかったのでしょうが... この墜落は事故であったと報道されているものの、果たして本当なのか、やはり疑ってしまいます。最期、苦しんで亡くなられたのではないかと思うと、居た堪れません。

亡くなられた方々のご冥福を心よりお祈りするとともに、真の平和を迎えられるよう心して生きていくことを求められている今、マンネリ化した習慣や考え方から足を洗って、意識を生きとし生けるものすべての”喜び”に焦点を合わせて日々過ごしたいと思います。
2017年の皆様のお幸せをお祈りいたします!

IMG_3274.jpg
ヴァレリー・ハリロフさんと モスクワ音楽院大ホールにて

0_2de90_9b9f362f_L.jpg
メルジャーノフ教授の左にハリロフさん



posted by 英代&フレンズ at 23:55| 日記