2017年11月05日

7月に夫の癌が見つかった。喉頭癌だった。2つの大きな腫瘍と18個の小さな腫瘍、そして左右のリンパ節と扁桃を切り取った。3回のオペは彼を苦しめ、6時間15分かかった2度目のオペでは、パニック障害を起こした。
私は一か月に亙って、ミキサーにかけたスープとスイカをもって毎日入院中の夫を見舞った。帰りはいつも23時を過ぎていた。夜、突然の吐血で手術となり、1時ごろ帰った日もあった。
バス停から自宅までは煌々と照る月が私を付き添ってくれた。すると、「美しき水車小屋の娘」の最後の曲、”小川の子守歌”が聴こえてきて嗚咽した。
.....
おやすみ、おやすみ!
すべてが目覚めるときまで、
眠って忘れるんだ、喜びも、苦しも!
満月が昇り、霧が晴れると、
空には天国が広がっている!


8月に退院した後、9月5日真夜中に悪夢のようなことが起こった。自宅で1,5〜2リットルに及ぶ血を吐いたのだ。救急車が医師と共に駆けつけたときも吐き続け、とうとう意識を失って倒れた。緊急入院しまた手術。この日は満月の日だった。

秋が来た。木の葉は色づき、舞い落ちるようになった。
10月4日に化学療法と放射線療法が始まった。夫の苦しみは日に日に増していく。まるで落ち葉の量が増えるかのごとく... モルヒネの量も日に日に増していく。何と恐ろしいことか!
しかし、私には今、プーシキンの詩が聞こえてくる。

悲しい日にはこころをおだやかにたもちなさい。
きっとふたたびよろこびの日がおとずれるから。

posted by 英代&フレンズ at 07:08| 日記

2017年01月01日

戦争のない世界を願って

穏やかな元旦を迎えました。
昨年暮れの様々な事件が嘘のような静けさです。

昨年12月25日の航空機墜落事故でロシア軍合唱団団員の訃報が報じられました。
同合唱団の芸術監督でいらしたヴァレリー・ハリロフさんも同乗していらして、帰らぬ人となってしまわれました。
2009年メルジャーノフ教授90歳の祝賀コンサートで、私は彼とグリーグのピアノ協奏曲をモスクワ音楽院大ホールで共演致しました。「ヒデヨ、Gereralと一緒に弾くんだよ!」とメルジャーノフ先生が目を丸くして仰ったのを思い出します。。厳格でありながらも中将とは思えない人懐っこいところがおありで、ロシア語が解らないでいるとドイツ語で話して下さったりしたものです。2014年メルジャーノフ教授95歳の祝賀コンサートでも指揮をなさったそうですが、その謙虚な姿勢には多くの人が驚かされたと聞いています。
颯爽とした凛々しい、ほんとうに素敵な方でした。しかし、まさかこんな事件に巻き込まれて命を奪われるとは... 無念です...

この緊張感の高まっているときに、何故シリアに行かなければならなかったのか... 命を受けたとすれば行くしかなかったのでしょうが... この墜落は事故であったと報道されているものの、果たして本当なのか、やはり疑ってしまいます。最期、苦しんで亡くなられたのではないかと思うと、居た堪れません。

亡くなられた方々のご冥福を心よりお祈りするとともに、真の平和を迎えられるよう心して生きていくことを求められている今、マンネリ化した習慣や考え方から足を洗って、意識を生きとし生けるものすべての”喜び”に焦点を合わせて日々過ごしたいと思います。
2017年の皆様のお幸せをお祈りいたします!

IMG_3274.jpg
ヴァレリー・ハリロフさんと モスクワ音楽院大ホールにて

0_2de90_9b9f362f_L.jpg
メルジャーノフ教授の左にハリロフさん



posted by 英代&フレンズ at 23:55| 日記

2016年12月31日

2016年に感謝して!ー日本気導術学会との出会い

2016年の幕開けは最悪の状態でした。シュトゥットガルトでのコンサートの帰り、疲れ果てていた私は、大晦日に立ち寄ったデュッセルドルフ近郊に住む夫の親戚の家で、22時に横になったまま元旦の6時まで眠り続け、0時の打ち上げ花火の音も全く耳に届きませんでした。

2015年秋から患った左手の腱鞘炎は良くなる様子もなく、痛いままコンサート活動を続けていましたが、今年前半、ついにソロのコンサートはすべてキャンセルして、養生に励みました。しかし、治る気配はなく、7月3日のリサイタルが迫る中途方に暮れていたところ、整形外科医でいらっしゃる生徒のお父様に注射で助けて戴き、何とか間に合いました。しかし、なかなか完治までいかず割り切れない苦しい日々。
そんな中、9月に帰国する2日前のこと、突然左手に蕁麻疹が起こったのです。”泣きっ面に蜂”とはこのことです。まあ、様子を見ようと思っていた私ですが、翌日もまた起こるではないですか!さすがに焦りました。いずれにせよ体力が落ちているのだろうと思い、日本に飛ぶ日の朝、私の生徒のKさんから話に聞いていた「日本気導術学会」に電話をして施術をお願いしました。
そして早速帰国した翌日に治療をうけましたら、これが、大吉に出たのです!!!!
驚くばかりの効果に、目を見張りました!

腱鞘炎も蕁麻疹も結果であって原因ではないので、元を治さなければ完治しない、というのが気導術の考え方です。そしてその原因というものに対して何とまあ実に詳しい!”痒いところに手が届く”とは、まさにこのことです。おかげで「これだったら手は治る!」という感覚がようやく芽生えてきました。その嬉しさと言ったら、喩えようもありません!あれから3か月、沢山の時間を割いて戴いたおかげで、今年のコンサートをすべて無事に終えることができました。

実は2012年の9月からまず右手が腱鞘炎を起こし、それが完治しないまま左手にも起こっていたのです。恐ろしい日々でした。気導術と巡り合って、自分の身体への対応がいかに誤っていたか痛感し、自分で身体を労わるようになりました。日本気導術学会の皆さんの考え方は、至って健全!すべては見方、捉え方にかかっているということを実感しています。

健康を害してお悩みの方には、是非お勧めいたします!全国に施術の先生方がいらっしゃいます。下記に連絡すると、お近くの先生を紹介して戴けます。

日本気導術学会
会長 鈴木眞之
〒421-0421 
静岡県牧之原市細江200-5
TEL 0548-22-2233

東京でも治療が受けられます。
『東京気導術夢整体院』
 東京都品川区東五反田5-27-6 第1五反田ビル8F Tel.03-5447-5678

IMG_0484.JPG
牧之原市で 鈴木貴樹本部長さんと

皆さま、どうぞ良いお年をお迎えください!

posted by 英代&フレンズ at 11:07| 日記