2016年06月22日

十字式健康法

手の故障で悩んでいるとき、知人の東工大U教授から十字式健康法を勧められました。何でもここでは気を流して背骨の歪みを調整して下さるとか。私自身、身体全体の歪みが気になっており、その基は背骨にあると薄々感じていましたから、「これは行ってみるしかない!」と思い、早速5月の帰国時に足を運びました。
わずか3分ほどの施術ですが、不思議なことに施術後、身体がポカポカしてきて気が廻り出すのがわかり、驚きでした。
3分で何をするか、と言いますと、施術の先生が背骨の歪んだところに気を流して下さって、歪みやズレを治してくださるのです。予約なしで夜8時までの受付。受付をした人は何時になっても施術が受けられるという良心的なシステムです。私は品川会場の村井徹先生の施術を受けましたが、何と患者さんの多いこと!お勤め帰りの方が多いのでしょう。

どうもこの健康法はかつて遠藤周作さんが、「こんな治療法もある─もうだめだと諦めている方に」(講談社)で紹介なさっていたようです。私は遠藤周作ファンで彼の作品はぐうたらシリーズも含めてかなり読んでいますが、この本は手にしていませんでした。しかし、このタイトルはよく覚えています。つまり手に取っていないということは、あの頃は元気で全く病気知らずだったということなのでしょう。

十字式健康法の創始者は1927年北海道生まれの安久津政人さんです。獣医だった安久津氏が十字式健康法を見つけられた経緯は、佐藤俊幸著『百万人の背骨を癒した男 十字式健康法創設 安久津政人の半生』に詳しく書かれていますが、安久津氏が実に不思議な運命を辿り何らかの力に導かれていらしたとしか思えません。
ストレスは背骨の歪みを引き起こし、それはさらに様々な病気を生み出します。今日のようなストレスの多い社会を乗り切るために、この数分の治療はきっと役立つことでしょう。
初診料3,500円ですが、その後は1回が2,300円です。是非、お試しください!
(十字式健康法HP http://www.jujishiki.co.jp/
posted by 英代&フレンズ at 01:58| 健康

2014年12月22日

日本橋整体院

演奏家ならば誰もが経験をもつ筋肉痛。いつも誰かにメンテナンスをしてもらえて、いざっ、というとき助けてもらえる状況にあれば最高ですけど、これがなかなかそうはいかない!
私は幸いにしてベルリンでヨガ&鍼&オイル・マッサージのできるオールマイティな方に巡り会って助かっていますが、日本滞在中は紹介されたところに伺うには時間的な余裕もなく困っていました。
この度、ひょんなことから知り合った日本橋整体院は、夜21時まで営業していらして、土日も18時まで営業という夢のようなところ。しかも私のホテルから歩いていける距離ですから、1日の仕事を終え、夕食も済ませから治療に伺えて最高です。

さて、この日本橋整体院は、普通の整体とは違います。ここの小林政明先生がなさっているのは、操体法。身体のもつれをほぐしていくその方法は、今まで全く経験のないものでした。
痛い箇所やどのように痛いかは、毎回違います。それを先生の誘導と共に自分で観察し、身体が何をしたいのか、自分で身体に問いかけながらセッションが行われるのです。
例えば、もつれた糸を想像してみて下さい。もつれたところを引っ張ったのでは、ますます結び目は固くなりますよね。それを逆方向にそっと動かせば、ほどけていく。これが自然の成り行き。
この法則を、身体にも取り入れたのが、ここ日本橋整体院で行われている施術です。
最初は物足りなく思うかもしれませんが、これが効くのです!
また、自分独りで自宅で行う方法も教えて戴けます。これが実に有難いのです!先日、白寿ホールで15時と19:30の2回公演を行った時も、その間でしっかりこの操体法をやっていました。緩めることを知ったおかげで、夜も疲れ知らずの公演となりました。
もし、筋肉痛や腱鞘炎、また腰痛にお悩みの方がいらっしゃいましたら、是非お勧め致します。

私は誰の紹介もなく伺いました。きっかけはYouTubeでした。アレクサンダー・テクニックの動画を見ていた時、この小林先生の動画に辿り着いたのです。知人から「勇気がありましたね」と言われましたけど、不思議なご縁でした。

以下、日本橋整体院のHPアドレスです。
http://www.yohtsu-byebye.com/

posted by 英代&フレンズ at 02:41| 健康

2014年10月03日

朝、一杯の白湯を

2012年から体調を崩し、2013年の春、ピークに達していました。でも、コンサートをお断りするわけにいかず、頑張るしかなかった時期に、偶然、蓮村誠さんの書かれた『アーユルヴェーダ式 2週間で毒出し生活』という本に巡り会いました。それから4か月後、実際にベルリンでアーユルヴェーダの治療を受けるようになるとは思ってもいませんでしたから、不思議なものです。
この本の中に、白湯を飲むことが勧められています。最初は、「ふ〜ん?」という程度で読んでいたのですが、実際に始めてみると、体調が良くなったのには驚きました。感動して、アーユルヴェーダのプラクシスを紹介して下さった女優さんに話すと、あっさりと答えが返ってきました。
「あら、私は20年前からやってるわよ」
簡単で長続きする健康法です。
posted by 英代&フレンズ at 09:09| 健康