2016年08月11日

ドイツ、シュレスヴィヒ=ホルシュタイン州のブラッヒェで講習会

7月31日から8月8日まで、ドイツ、シュレスヴィヒ=ホルシュタイン州のブラッヒェで開かれた講習会に講師として招かれ、連日レッスンに明け暮れてきました。
日課は結構ハードなもので、午前中は9−13時がレッスン。昼食を挟んで14−16時がコンサートのリハーサル立ち会い。16−19時レッスン。19時からコンサート。21時夕食。22時からホールリハーサル立ち会いかレッスン。やっと就寝できるのは12時のこと。
コンサートは週の前半が講師陣によるもので、最後の3日間が選ばれた受講生によるものです。私も8月2日にリサイタルを行ってきましたが、講師陣もコンサートを行いますから、緊張感が漲り、この上なく充実した日々。ですが、土曜日の午前中だけお休みの日で、皆で一緒になって土曜市に出かけ、羽を伸ばしてきました。

レッスンは参加者のモチベーションがいおかげで実に活気にあふれています。質問もドンドン飛出し、和気藹々とした雰囲気の中で、受講生が助け合いながら一丸となって学ぶ8日間。私も多くの刺激を受けて帰ってきました。
曲によって違う響きを出すにはどうすれば良いのか?これには多くの問題がつきまとっています。
指、手、肘、肩の使いかたのみならず身体全体の使いかたが大切になってきますが、しかし、何と言ってもまず大切なのは、どういう音を出したいかをいかに強烈に想像すること。最終的にはこれに全てがかかっているといってもいいでしょう。それは頭による理解を遥かに凌駕した領域のものであり、生徒たちには言葉での説明のみならず音で示すのが一番の近道。結局一日中弾き続けた講習会でした。
私のレッスン風景が写真入りで新聞にも掲載されています。
http://www.kn-online.de/News/Nachrichten-aus-Ploen/Musik-aus-aller-Welt-in-Wahlstorf-Meisterkurse-in-Wielen

最終日の最後の1時間は質疑応答。作品に応じた響きの学び方について質問が多く飛び出しました。
Brache 2016.jpg

歴史的建物で行われた受講生コンサートの始まる前、まるで家族同然のようになった生徒たちと撮った写真です。
Brache 2016 Ploen.jpg

来年の再会を約束して別れた寒い夏の講習会でした。
posted by 英代&フレンズ at 08:46| 日記

8月11日NHK−FMの特集番組『ヨーロッパ夏の音楽祭』にゲスト出演します

8月11日、今夜ですが、19:30よりNHK-FMで放送される特集番組《ヨーロッパ夏の音楽祭》にトークで出演します。この番組は、今週5日間にわたって、ヨーロッパ各地の音楽祭から選りすぐりの演奏と共に、毎回、各音楽祭に関係のある音楽家がゲストとして招待され、放送される演奏や音楽祭について語る人気番組です。
今夜はメクレンブルク・フォアポンメルン音楽祭が取り上げられ、今年7月3日に演奏された室内楽の演奏会が放送されます。今年のこの音楽祭のレジデンツであるヴァイオリニストのヴィルデ・フラングさんを中心としたコンサートですが、プログラムはブラームスの弦楽五重奏曲とシューベルトの八重奏曲。いずれも瑞々しい感性のはつらつとした演奏です。音楽評論家の柴辻純子さんと共に、彼らの演奏についてお話しさせて戴きましたが、その他にメクレンブルク・フォアポンメルン音楽祭の特徴や私がこの音楽祭に参加したときの様子、また私のライフワークでもあるシューベルトについて語っています。収録は先月帰国時の7月15日、NHKで行われました。どうぞお楽しみに!

放送日時:2016年8月11日(木・祝)19:30〜21:10。
NHKのインターネットラジオ、らじる★らじるでもお聴きいただけます。

http://www3.nhk.or.jp/netradio/

NHK_FM_収録状況.jpg
柴辻純子さんと
posted by 英代&フレンズ at 08:10| お知らせ

2016年06月26日

防府にて講座とミニコンサートのお知らせ

7月10日(日)防府天満宮参集殿にて講座とミニコンサートを行います。
新宿朝日カルチャーセンターで行う講座の2回分をまとめたものです。
第1部18:00〜19:00、第2部19:30〜20:30で、休憩時に皆さんと歓談する予定です。
当日は選挙の日ですが、投票の後、夜のひと時をロシアの話でお過ごしくださいませ。
皆様にお会いできますのを楽しみにしています。

会費(税込): 3,000円 *お茶・お菓子付き
お申し込み/お問い合わせ:
英代&フレンズ 防府事務局  桜井写真店
TEL: 0835-22-2389
FAX: 0835-23-8775    E-mail: sakurai-co@k9.dion.ne.jp

■第1部 〈ロシアはドラマティックがお好き!〉
ロシア人はドラマティックな表現を好む民族です。そして、彼らが「ドラマティック」と思うものは、アメリカやヨーロッパにおけるそれとは質を異にします。一体、何が違うのでしょうか?それには、ロシアの歴史を紐解くと、驚くべき事実が浮かび上がってきます。私の拙著「ロシア・ピアニズムの贈り物」の第1章に記しました内容を、詳しく、解りやすくお話ししながら、絵画やロシア民謡と共にロシアのドラマ性を解明していきたいと思います。また、シェークスピアの「ハムレット」映画をローレンス・オリビエ主演のイギリス版とスモクトゥノフスキー主演のロシア版でご覧いただき、映画におけるドラマ性の違いを見ながら、さらにロシアの特異性について見ていきます。「ハムレット」のあらすじをご存じなくても、大丈夫!きっとお楽しみいただけることでしょう。

■第2部〈心と身体が生み出す響き〉
人間の身体には数知れない可能性が宿っています。その探求は、永遠に行われることでしょうが、どうも鍵を握っているのは、いかに身体を緩めることができるか、ということに尽きるようです。「緩んだ身体を駆使した第一人者は宮本武蔵」と主張する身体意識研究家の高岡英夫さんとの知己を得て、ますますこの問題に深く迫るようになった私は、わが恩師メルジャーノフ教授の教えんとしたことが、より理解できてきました。今回はこの内容もお伝えしながら、身体をいかに使うことが響きに良い影響を生み出していくかお話し、ロシアのドラマティックな響きを生み出す方法を探りたいと思います。

■プログラム
ショパン:ノクターンop.15-2 / ショパン:幻想即興曲 op.66
メンデルスゾーン:無言歌集より「デュエット」 op.38-6
ラフマニノフ:プレリュード op.32 No.5, 12 & op.23.No.4, 5
※曲目等が変更になる場合もございますので、予めご了承くださいませ。
posted by 英代&フレンズ at 16:11| お知らせ